とにかく見たアニメの感想を書くのが主な日記。 ネタバレ注意
アニメ見るは我にあり
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
秋アニメ その1
2009-10-10-Sat  CATEGORY: アニメ
あれから一週間。秋から始まるアニメもそこそこ出揃ったので見た順番に軽く感想(のようなもの)。

・テガミバチ
 世界観はなんとなく。まだまだこれから話がはじまるといった感じ。

・天体戦士サンレッド(第二期)
 あいかわらずでおもしろい。OPもmanzoでよかった。でも日本ブレイク工業は・・・。

・戦う司書
 人は死ぬと本になる?まだまだ分からないので今後に期待。

・アスラクライン2
 2と言っておきながら普通に前回の続き。前回のラストを思い出すのに時間がかかった。

・生徒会の一存
 冒頭は色んな意味で飛ばしている。それ以外は学園モノのシチュエーションコメディっぽい

・WHITE ALBUM
 クリスマスライブ以降の続き。主人公は相変わらずで病院でやっちゃってるし、どうなる?

・とある科学の超電磁砲
 期待のビリビリ。いい感じで黒子がぶっ飛んでる。ED(OP?)で当麻の後ろ姿はあるが・・・

・犬夜叉-完結編-
 前回は尻切れだったし楽しみ。まぁいつもどおりの犬夜叉でした。

・夢色パティシエール
 プロローグ。次回の転校してからが始まりだと思うがスポ根みたいな空気だといいなぁ。

・夏のあらし!春夏冬中
 みんな仲良くなっちゃったあとの続き。相変わらず

・ミラクル・トレイン~大江戸線へようこそ~
 いまいち意味が分からないが大江戸線の駅の名前の登場人物による話。

・聖剣の刀鍛冶
 日本刀?いい雰囲気を出している。あと、あの鎧の形は実在するのだろうか?

・あにゃまる探偵キルミンずぅ
 話は動物な変身モノ。一番重要なのは丹下桜TVアニメ復帰。おめでとうございます。

・そらのおとしもの
 私が原作→アニメをしている数少ない作品。まぁ今のところイメージどおり。

・ファイト一発!充電ちゃん!!
 これぞぢたま作品って感じ(黄金水的な意味で)。話としては疲れた人を廃人から救う話。

・君に届け
 泣きました・・・。弱いんですよねこういうのには。二人には是非仲良くして欲しい。

・乃木坂春香の秘密_ぴゅあれっつぁ♪
 続き。春香より椎菜が好きです。どうせ春香エンドですが、椎菜にも幸せになって欲しい。

・ささめきこと
 最近はこの手の百合系が増えてきたような気がする。まぁカワイイなら問題ない。

・魔法少女リリカルなのはA'S(地上波キー局による初放送)
 見るのは二度目。やっぱり一度やられて、より強い力で復活みたいなノリが好き。

・あにゃまる探偵キルミンずぅ+(予告後に実写で動物紹介+アテレコ)
 本編には全く変更が無かったと思う。ソウルイーターレイトショーと違い追加アニメは無い。

・DARKER THAN BLACK 流星の双子
 舞台をロシアに移した続き。前回のキャラはどうなるのか?特に銀はでてこないのか!?


まだ秋から始まるアニメが出揃ったわけではないけど今の所こんな感じですか。
続編、前半と後半の間がしばらく空いているってパターンが増えてきた感じもする。
この中で「とある科学の超電磁砲」と「DARKER THAN BLACK 流星の双子」が特に楽しみ。
まぁどの作品も続きが気になるので切るってことはありませんが。

そういえば「涼宮ハルヒの憂鬱」が終わったが消失が劇場版か。
一時期でていた放送スケジュールはなんだったんだろう。というかアレが出てしまったために
エンドレスエイトを8回という方向に走ってしまったのだろうか?多くて4回だと思う。
一応当初から8回という案は出ていたそうだが流石にやりすぎだろう。
まぁそう言っても、終わらない、エンドレスな感じは視聴者に十二分に伝わったと思う。

そして、私的に重大ニュースな丹下桜TVアニメ復帰。
声優としてはPS2版ナピシュテムの匣、ラブプラスにも出てましたがTVアニメに復帰。
私が最後に聞いたのは無限のリヴァイアスの和泉こずえだったかな?
しかし、この時期に復帰はなぜだろうか?少し気になるがともかくよかった。
これで「アンドロイドアナ MAICO2010」を2010年に出す布石になってくれればいいなぁ~
私はラジオ版の「2010年ラジオの旅 アンドロイドアナMAICO-2010」が好きなので
ウイークエンドスペシャルも含め完全版で販売して欲しい。
ラジオ、アニメをセットで完全版BOXなんてのもどうです?
まちがっても編集版の発売なんて愚かなマネはやめて欲しい。
CD3巻を全部買いましたが、あのときの落胆をまた味わうのは御免ですよ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
待ちに待った時が来たのだ・・・
2009-10-02-Fri  CATEGORY: 未分類
多くの英霊達が無駄死にでなかった事の証の為に、再びジオンの理想を掲げる為に、星の屑成就の為に、ソロモンよ!私は帰ってきた!!

というわけで(?)3年たってませんが帰ってきました。ちなみに題名も↑も全然本文とは関係有りません。2年の間に色々ありましたが、今後は自分の備忘録としてもアニメ・ゲーム・PC関係について書こうかと思ってます。

アニメについては以前と変わらないペースで見続けています。60本/週位?
秋の改編期になり多数の最終回があり新番組が始まったわけですが
昨日始まった
・けんぷファー
・にゃんこい!

これらは面白いですね。初回からグッと引き込まれるものがあります。
個人的にツボは「この田村ゆかり声がぁっ~!!」「この堀江由衣声がぁっ~!!」ってとこです。
まぁ声優ネタなのですがこの時間にアニメを見ている人にとっては問題ないのかな?
男が女にとか、性格が正反対とか三人目はどうなるかなど気になりますね。
・・・けんぷファーのことばっかだな。
事前情報を仕入れてないので見るまで分かりませんが
とある科学の超電磁砲」を楽しみにしてます。外伝ってかんじなのか?

ゲームは最近はPSPばっかですね。最近買ったタイトルとしては
・Y's SEVEN (限定版: ドラマCD同梱)
・428 ~封鎖された渋谷で~
・マクロス アルティメット フロンティア 超時空娘々パック

って感じです。
Y's SEVENをクリアしたので現在は428に取り掛かっています。
終わり次第マクロスに・・・いや同時進行かな?

Y's SEVENは本当に面白かったです。買ってよかった。もっと沢山の人にプレイして欲しい。
はじめはデモのポリゴンの具合とかパーティーとか気になることがありましたが
プレイしたらそんな杞憂は一気に吹っ飛びました。
ザコキャラとの戦闘も面白いし、ボスとの戦闘も熱い。そしてBGMも良い。
シナリオ、街の人々の何気ない会話などどんどん引き込まれて行きました。
そしてメディアがディスクのゲームにある「NowLoading」がほとんど無い。
まさに快適の一言ですね。PSP版のナピシュテムはなんだったのか・・・
操作に関してはジャンプがなくなりましたが、ダッシュがあって移動も戦闘もスムーズに。
ナピシュテムが出た時はこのシステムで過去の作品をリメイクして欲しいと思いましたが
同じジャンプのないシリーズはこのシステムでリメイクなんてどうでしょう?ファルコムさん?
I&IIクロニクルズもクリアしてイースはこうでなくちゃとか思いましたが、出たら即予約します。
個人的にはIVをファルコムの公式見解として世に出して欲しいですね。
SFC版もPCEngine版もクリアしましたがPC(もしくはPSP?)で本当のIV。期待してます。

428を現在プレイ中なのですが、こちらも面白い。ストーリーにぐいぐい引き込まれますね。
私は「弟切草(SFC)」→「かまいたちの夜(SFC)」→「街(SS)」)」→「かまいたちの夜2(PSP)」
→「428(PSP)」とチュンソフトのサウンドノベルをプレイしていますが「街」が大好きだったので
「428」を自分の持っているハードで出るのを首を長くして待っていました。
そして期待を裏切らない面白さ。待ってたかいがありました。「街2」はドリームキャストで発売
とかいうことを聞いたのでハードを買って待ってましたが待ちぼうけを食らいましたからね・・・
しかしタイムチャートは分かりやすいですね。サターンの時はバッドエンドが全然回避できなくて
何度も投げ出しそうになったというのに・・・忌々しいキャベツ教めっ!!(笑)
「CANAAN」を見ていたのでウーア・ウイルスとか大沢マリアとか出てきて今後どう展開するか
目が離せません。TYPE-MOONシナリオにも期待です。
しかし「428」はあんまり売り上げ本数が芳しくないですよね・・・
今後あたらしいサウンドノベルがプレイできる可能性は低いのかな・・・
一応職場の同僚を「街」にハメましたので「428」の売り上げが少し上がる・・・といいなぁ~

PCは最近「Viliv X70」を購入しました。私にとって初めてのネットブック(MID?)ですね。
X70はのんびり使って行きたいと思います。
主な用途は取り込んだマンガ・雑誌を電車とか移動中に簡単に読むことです。
7インチで解像度もそこそこあるので取り込みの状態が悪くなければ読みやすいですね。
(おそらく)抵抗膜方式なので指の腹でも反応しやすいのでペン無しでの操作も簡単です。
LOOX P70は感圧方式だったので指の腹だとむずかしかった・・・
X70の感想も色々ありますが、次の機会にでも。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/10 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 アニメ見るは我にあり. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。