とにかく見たアニメの感想を書くのが主な日記。 ネタバレ注意
アニメ見るは我にあり
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ノートPCでイース
2006-12-31-Sun  CATEGORY: 日記
XPS M1210でイースオリジンやってます。

ソフトが届いてからすぐにメインPCとノートPCにインストールしたんですが
プレイ時間としては圧倒的にノートの方が長いです。

メインPCは常に何らかの作業をさせているわけで、ノートが空いているならこっちでやるか、位な感じでプレイしてます。

ノートの方では流石に"高品位"だと30fps以下での動作となり"標準"だとほぼ60fpsで動作、エフェクトがきつい所だと30fps位まで落ちるときもあります。3Dゲームをバリバリやっている人には物足りない画質かと思いますが、私は更に下の"軽量"で解像度だけを最大にしてプレイしてます。

ゲームの進行状況としては、ユーゴ編をクリアしユニカ編の中盤に差し掛かったと言った所でしょうか。まだまだ楽しめそうです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ワンセグ MonsterTV 1D for DELL 再び
2006-12-30-Sat  CATEGORY: 日記
年末というわけで帰省しているわけですが
以前全然受信状況が宜しくなかった環境がどの程度変わったかを試してみます。

以前に試した環境では4チャンネル発見できて、1チャンネルだけしかまともに視聴できないという状況でしたが

実家の環境では放送されている6チャンネル中5チャンネルを発見でき、全てまともに視聴することができました。ただ、それはテレビ局のある方角に面した部屋での状況で、奥の部屋では4チャンネル発見でき、たいていまともに視聴することができても時々電波の途切れによる激しいブロックノイズが発生していました。

この結果は地理を要因とする地上波デジタルの電波の問題もあると思いますが、実家が木造で電波を遮りにくいこともあるのかな?と若干思っています。

まぁなんにせよ購入したワンセグチューナーが無駄にならずに使えるものだということが分かったので、少々安心しました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/27(水)に見たアニメ
2006-12-29-Fri  CATEGORY: アニメ
・ネギま!?
 第13話「敵かどうかというよりもマスターの邪魔かどうかが問題なのですby茶々丸」

・NANA NANAの部屋特別編
年末調整?あのころは平和だったなぁ~と思った。

・武装錬金 第13話「死の胎動」 第14話「キミは誰だ?」

・スーパーロボット大戦OG~ディバイン・ウォーズ~ 第13話「決戦の予兆」
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/26(火)に見たアニメ
2006-12-28-Thu  CATEGORY: アニメ
・ちょこッとsister 第24話「ハッピー・クリスマス」
最終話は明るくいつものちょこで。この半年間癒されました。バイクなサンタの日常があったが、あれは日本に普通に住んでいるのか?やはりラストはこれまで登場した人物のその後。気になってたあの人やあの人のその後が分かってよかった。みんな幸せそうだ。

・パンプキン・シザーズ 第13話「粗野にして美味」

・ディー・グレイマン 第12話「団服と共に」

・ゴーストハント 第12話「FILE5 サイレント・クリスマス#2」

・ヤマトナデシコ♥七変化 第12話「ウィ、ムッシュウ!」
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/25(月)に見たアニメ
2006-12-27-Wed  CATEGORY: アニメ
・砂沙美魔法少女クラブ 第11話「選ばれし少女達」

・史上最強の弟子 ケンイチ 第12話「新たなる敵!辻新之助」

・バーテンダー 第10話「クリスマスの奇跡」

・妖逆門 第38話「亜紀の涙と雨上がり」、第39話「新たな力!相生召喚」

・銀色のオリンシス 第12話「銀色の未来」
最後まで作画が微妙だったような?ともかく全ての謎が解けた・・・と思う。セレナの正体でテアが怪我したときの血の互換性も治療法を知ってた理由も分かったし。まぁ最後は地球を救うためにオリンシス発生装置(?)だかを止めに行ってそれを待つ仲間、で終わると。なんかトキトはどうでもよくブライアンとボルフがカッコイイという印象しか残ってない・・・

・ときめきメモリアルOnly Love 第13話「ときめきの秘密」

・しにがみのバラッド。momo the girl god of death
 第1話「きみのこえ。」、第2話「さかなのころ。」、第3話「ひかりのかなた。」
 第4話「あきのまほう。」、第5話「ほたるのひかり。」、第6話「こころのたび。」
やさしい時間が流れた。第1話でその話の主人公の幼馴染が死ぬという少年にとっては後までずっと引きそうな話で悲しい物語かと思ったが、そうではなく死神であるモモの優しさが溢れていた。その後の物語もすべてに優しさが満ちていて、第6話では夕食のカツ丼のシーンで不意に涙がこぼれた。このように悲しいこと、耐え難いことがあっても気丈に普段と変わらぬようにつとめている姿に弱い。友人達が千羽鶴を折っているところで本当は生きている事に気が付いたが、実際目を覚ましたところでまた泣いてしまった。とても心の落ち着く作品でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
イースオリジンが家にやってきた
2006-12-26-Tue  CATEGORY: パソコン
はい
やっとこさ届きました、イースオリジンです。
でも気分は発売日に届いたって事で・・・

早速メインPCにインストール。
そしてプレイ!

OPからしていいですねぇ。この日を待ったかいがありましたよ。

とりあえずは初心者向けとあったユーゴ=ファクトで始めたのですが
イースⅥ、フェルガナのアドルと使い勝手が違い少々戸惑いました。

アドルの場合は必要なところで攻撃をするという感じですが、ユーゴの場合はとりあえずガンガン攻撃してればいいという感じですか?今のところフィーナを救出する手前な感じなところまでノロノロと進めております。

物語は塔の中だけで展開するようですが、ストーリーとしては3つの道筋があるようで早くその絡みを体験したいですね。

いやぁ久しぶりにゲームを長時間やりましたよ。まぁアニメも普段と同じペースで見ているわけで時間が・・・しばらくアニメの感想は手抜きで行くことにしますか。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/24(日)に見たアニメ
2006-12-25-Mon  CATEGORY: アニメ
・ケロロ軍曹 第141回「ケロロ 奥東京氷河期 アリサが来た! であります」

・きらりんレボリューション 第38話「告白!?SHIPSのバースデイ!!」

・ハピ☆ラキ!ビックリマン
 第11話「恋のラ・ラ・ラ・ラ~メン源郷!俺たちはチャーシューじゃない!!」

・牙 第39話「開眼」

・おねがいマイメロディくるくるシャッフル 第38話「声がとどいたらイイナ!」
今年もやってくれましたよ、裸サンタ。去年の時もかなりインパクトがあったがまさか今年もあるとは・・・スタッフに脱帽です。

・メルヘブン 第90話「忘却のクラヴィーア」

・金色のコルダ 第13話「かけがえなきメロディー」

・夜明け前より瑠璃色な 第12話「お姫様と・・・」
最後はみんな幸せでよかったよかった。悪役の最後はあっけないものだな。

・ギャラクシーエンジェる~ん 第13話「出現!ワルワルワる~んエンジェル隊!?」
ゲストにミルフィーユが来て、トップをねらえなネタでいつものごとくドタバタ。一応最終回らしいが「る~ん」でシリーズ化するのか?
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/23(土)に見たアニメ
2006-12-25-Mon  CATEGORY: アニメ
・出ましたパワパフガールズZ 第26回「サンタさんを救え!その1、その2」

・それゆけ!徹之進 第50話「てつのしん 犬魔法を受けつぐ」

・おとぎ銃士赤ずきん 第26話「赤ずきんVS白雪姫」

・ふしぎ星のふたご姫Gyu! 第39話「ハッピークリスマス☆ビビンとなかよし計画」

・家庭教師ヒットマンREBORN! 第12話「師の特訓!強化プログラム」

・天保異聞妖奇士 第12話「駁竜、月に吠える」

・少女チャングムの夢 第26話「最後の勝負」
ラストはチャングムの勝利でスラッカンに見習いとして戻る。まぁいい終わり方じゃないでしょうか。ってことはあの料理書のことについてはもう大丈夫と。

・乙女はお姉さまに恋してる 第12話「ラストダンスは永遠に」
男だと気づかれてしまった貴子さんとラストダンス。いい雰囲気だったがまりあに邪魔されてしまったな。個人的にはそのまま貴子さんとラブラブモードでいっても一向にかまわないのだが・・・。ラストはOPとEDの連曲。ちょっとその後が描かれていたが、やはりこういう演出がいいね。ま蛇足にならない程度にね。

・少年陰陽師 第12話「鏡の檻をつき破れ」

・らぶドル 第12話「はじまり(デビュー)ですか?」
イベントが無事成功してよかったよかった。結局社長と姉がなんか裏で動いたように見えたり、悪役っぽく見えたのは愛の鞭だったんですかね?

・ウインターガーデン 後編
最後の最後で拓郎と一緒にいるのは妹だということが明かされるが、そういう展開が頭になかったため驚いた。それとともにこの二人にまだ続きがあることを予感させいいラストだった。それにしてもぷちこがイイキャラをしている。

・ローゼンメイデンouverture 後編「虚飾 Eltelkeit」
はじめは水銀燈はあんなんだったんだねぇ~。今回の件で性格がねじれ曲がって真紅をあそこまで憎むようになったんだな。コレはトロイメントの途中の話ってことでいいのかな?

・くじびき♥アンバランス 第12話「ゆめをかなえてみよう。9点○」
一応キレイにまとまったのかな?千尋の生徒会をちょっと見てみたい気もするが・・・。最後の最後まで運がついているんだか、ついてないんだかわからない千尋。ラストカットは衝撃的だった。

・Gift ~eternal rainbow~ 第12話「永遠の虹」
顔をGiftで変えてモデルになったってのは17分位で莉子と教室で話してた奴か?元に戻ったから帰ってきた?Giftも消滅し、全てが丸く収まった模様。まぁ色々問題がありそうだが・・・。個人的には霧乃がもっと幸せになってほしかった。

・攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 第26話「憂国への帰還 ENDLESS ∞ GIG」
「Solid State Society」を見るためにS.A.C.シリーズのラストを見直しただけだったのだが、泣いた。タチコマ達が手のひらを太陽にを歌っているところで涙が溢れてきた・・・この自己犠牲というかアツイ展開に弱いんですよ私は。ともかくこの話を見たことで大体の流れ、この話に至る状況を思い出すことができた。

・攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society
人形遣いのいない世界での攻殻においての3シリーズ目(といってもいいのかな?)トグサがリーダーになり物語はすすんで行くが、この雰囲気やはりイイ。この本編の根底に流れる難しい話の展開、現状の日本を移すような舞台設定、そしてアクション。どんどん物語が加速していきトグサが自らの死を選ぼうとしたところなど緊迫感がすごい。満足です。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/22(金)に見たアニメ
2006-12-24-Sun  CATEGORY: アニメ
・アイシールド21 第88話「泥門ハーフタイムショー」

・ブリーチ 第108話

・コードギアス反逆のルルーシュ 第11話「ナリタ 攻防戦」

・銀河鉄道物語~永遠への分岐点~ 第12話「魂の翼」

・ウインターガーデン 前編
でじこがそだってるぅ~。いいねいいね、この雰囲気。しかし、でじこもぷちこも一人称を名乗ってないような・・・ともかく恋の行方が気になる。

・ローゼンメイデンouverture 前編「悠久 Ewigkeit」
オーベルテューレって序曲のことかな?まぁそれっぽいし。英語でovertureってとこだろう。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/21(木)に見たアニメ
2006-12-23-Sat  CATEGORY: アニメ
・ネギま!?
 第12話「まぁ、いろいろと理屈をこねたところで、とどのつまりは気持ちひとつなわけですが」by夕映

・銀魂 第36話「すねに傷がある奴ほどよくしゃべる」

・働きマン 第11話「それでも働きマン」
松方が遅刻してきたときの裏の話。なんか切ないねぇ~。私も携帯の充電をしっかりとやっておく事にしよう。ってか今回が最終回なんだと思うが全11話か・・・DVDで追加の話入れて全13話とかになるのかな?

・009-1 第12話「夜明け Daybreak」
弟だったのか・・・。確かに境遇も似てて、ミレーヌが亡命したときに弟とはぐれていたが。まぁまだ生きている可能性があるということで009-1ここに完結。いま小説で発表されてる009の最後の戦いの映像化。待ってます。

・あさっての方向。 第12話「ここにいること」
全員がそろい、網野もからがが本当に本人であることを認識し告白。ん~いいねぇ~。結局願い石は琴美が持っていたがコレはどうして持ち出したんだろ?ってか誰が持ってったんだって現場で騒いでなかったか?まぁいい。公式HPで確認したら琴美はアニメオリジナルキャラのようだ。つまり連載中の作品を1クールのアニメにするために作ったキャラということか。結構いい役どころだと思う。原作も読んでみたくなった。なんにせよ地元に戻りしばらくそのままの生活が続いたと思ったらいつの間にか石が風の中に消え二人の体は元に戻ったようだが、もうすこしそこんとこを描いてほしかったなぁ~。

・すもももももも 第12話「風邪の日、半蔵の場合」
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
12/20(水)に見たアニメ
2006-12-22-Fri  CATEGORY: アニメ
・ブラックラグーン 第24話「The Gunslingers」
結局救われる道は無かったか・・・。雪緒はあの銃乱射してよくロックに当てなかったな。かなり当たりそうな雰囲気だった気が。銃vs刀がチャカのときより激しく行われ見ごたえがあった。ロックとレヴィはロアナプラに戻りまた暴力的な日常が続くといった終わり方で、原作の話が溜まれば第3期をやるのだろうか?かなり期待してロベルタを待ってます。

・NANA 第36話
NANAの奇行?が増えてきた。ブラストのメンバー間にも穏やかでない空気が流れ始め、どうなるか気になる。

・武装錬金 第12話「カーニバル」
結局パピヨンマスクはどうなったんだろ?なんか蝶の羽が生えていたがそれ以後の描写が無かった。・・・誰かに成り代わってるのか?敵アジト前で決めポーズを取っている斗貴子さんがよかった。ホムンクルス達は学校に攻めてきたわけで、守っている対象から攻められながらの闘い。なんとなく無敵超人ザンボット3を思い出してしまった。

・スーパーロボット大戦OG~ディバイン・ウォーズ~ 第12話「罠」
Tリンクシステムがいまいちよく分からない。イングラムは色々と策をめぐらせているようだが、まだパイロットが増えそうだ。

・蒼天の拳 第12話「復活の狼煙」
藩完全復活。ついに来た鋼鉄のヅラを持つ男。激しく壁に頭を打ち付けていたな。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
おあずけ
2006-12-21-Thu  CATEGORY: パソコン
本日はイース最新作のイース・オリジンの発売日

つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/19(火)に見たアニメ
2006-12-20-Wed  CATEGORY: アニメ
・ときめきメモリアルOnly Love 第12話「ときめきの夜」

・パンプキン・シザーズ 第12話「見えざる痛み」

・ディー・グレイマン 第11話「そして街に雪が降り・・・」

・ゴーストハント 第11話「FILE5 サイレント・クリスマス」

・ヤマトナデシコ♥七変化 第11話「Oh, my sweet home!」

・RED GARDEN 第12話「彼の思惑」
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/18(月)に見たアニメ
2006-12-19-Tue  CATEGORY: アニメ
・ギャラクシーエンジェる~ん 第12話「熱湯!コマーシャる~ん」
熱湯コマーシャルか懐かしいな・・・。最後に温泉くんが自分の全てをかけてボロボロになるところなどイイシーンもあるが、リリィがやる気の無いアニスを挑発するとこや、大食いで競い合ってるとことかが面白かった。

・銀色のオリンシス 第11話「緋色の宇宙」
ミスズ言ってることとやってることがメチャクチャ。まぁ全てに納得できないから暴走していると。あとコウイチもテアのようにオリンシスマシンを動かすことができるということでアーティのようだが、テアの兄?ということで次回謎が全て明らかに!?

・BLACK BLOOD BROTHERS
 第12話「我が血統の永遠なる鼓動がためこの血の総てを捧げんことを」
今期のアニメで初の最終回かな?コタロウの謎も冒頭の話の謎も解け、カーサが特区に攻め入る理由も分かりいよいよここから本番か!?というところだ。ラストバトルでのミミコの血を吸うところからの流れは迫力もあり見ごたえがあった。一応の完結を見ているがまだ中間点と言った所。そのうち続編がやりそうだ。

・N・H・Kにようこそ! 第24話「N・H・Kにようこそ!」
なんとか岬に追いつき二人して妄想の化け物に立ち向かいネガティブストーリー無事完結!?山崎や先輩も幸せそうで何より。岬は復学ではなく大検の道か。こういう形でちょっとした後日談、主人公たちに幸せが続くかもしれない終わり方。やはりこういう作りが好きだ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/17(日)に見たアニメ
2006-12-18-Mon  CATEGORY: アニメ
・史上最強の弟子 ケンイチ 第11話「裏切りの拳 武田の悲しき過去」
あまりにも前回とほぼ変わらない回想を長々とやっていたため、本当に続きがやるのか心配になってしまった。この長さはドラゴンボールZもびっくりだ。無事に前回の続きがやったわけだが、話としては武田の過去。しかし、あの武田が怪我をしたあとの友人の態度・・・なんか武田の怪我をしくんでやったように感じるのは考えすぎか。まぁなんにせよ武田はいい奴そうなので無事にカムバックして欲しいとこだ。ケンイチの仲間になったら暴力沙汰でライセンス剥奪だな。

・ハピ☆ラキ!ビックリマン 第10話「ありえナッシング!敵は竜宮城の一本釣帝!!」
また敵かよ!?そういえば前のビックリマンでぜんぜん記憶に無いな一本釣帝って。とりあえず聖フェニックスのために戦っているようだ。

・牙 第38話「終わりなき戦い」
襟の後ろを引っ張られて引きずられてくるハイラムの姿が情けなかった。ってかハイラムを引っ張ってきたときヒューの前に行くまで気が付かなかったのか表にいた奴らは。ノアはハイラムが絶対正義の名の下に命じたこと、自分の中での絶対規律、正義、信念、様々な重責に押しつぶされそうになっている。ハイラムの生死で決まる!?

・おねがいマイメロディくるくるシャッフル 第37話「赤ずきんになれたらイイナ!」
バクはホントイイキャラをしている。あとなんか久しぶりにクロミノートが出てきた感じが・・・。それにしても前シリーズからの全ての元凶はマイメロだったのか。それに最近は助けを求められるまでボーっと見てるだけだし・・・やるな!マイメロ。

・メルヘブン 第89話「覚醒のゾンビタトゥ」
ほぼ完全に乗っ取られたなアル。 それを救うために何でも望みが叶うというアームを求め一行は出発するのだが、それも罠のようだ。というか、望みが叶うアーム自体本当にあるのか?はなっからチェスを滅ぼして・・・とかって叶えようと考え探す奴らはいなかったのか?

・金色のコルダ 第12話「後ろめたさのピアニッシモ」
柚木先輩いやらしい。自分が誰より信頼されていて、疑いがかかるのはむしろお前だ。などと悪役風味たっぷり。このまま香穂子はネチネチいびられつづけ次のセッションに行くのか?それとも次のセッションのまえに何かしらのアクションがあるのか。見守ります。

・リーンの翼
 第1話「招かざるもの」、第2話「ホウジョウの王」、第3話「地上人のオーラ力」
 第4話「王の奸計」、第5話「東京湾」、第6話「桜花嵐」
和風?なバイストンウェル物語。会話を聞いただけで富野由悠季が監督だと分かる。いいねぇ、台詞回しだけでここまで強烈に分かるのってすごいことだと思う。言い回しは少々難解なものがあり、何回か聞きなおしてしまった。ガンダムエース連載のコミック版を読んでいたから多少理解しやすかったのかもしれない。リュクスとの再開でキスを連発するシーンがあったが、あれは長時間のキスシーンが禁止さていた時代のアメリカの映画手法かな?ここでは長時間のキスより待ち焦がれていた感じをよく表わしているシーンだと思う。戦闘シーンも激しく、かなり良かったと思う。サコミズがハイパー化(かな?)でどんどん年老いていくが、あれはバイストンウェルとの時間差が襲い掛かってきたのか、ハイパー化の影響なのか少し疑問に思った。6話構成のため展開が速いがその中に今の日本を憂う富野由悠季のメッセージが多分に入っていたんじゃないかと思う。これはアメリカで販売されるのか?広島の原爆ってアメリカじゃ知ってる人の方が少ないって聞いたことあるし・・・。最後の桜花嵐の時にリュクスが消えてしまうのだが、消えなくても良かったのでは?消える理由が若干分からなかった。これは全てがまるで夢であったかのように演出しているのかな?そのためか見終わったとき心に穴が開いたような空虚な気分になってしまったが、見て損は無い作品だと思う。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/16(土)に見たアニメ
2006-12-17-Sun  CATEGORY: アニメ
・アイシールド21 第87話「東京最強の戦士達!!」
東京都大会終了、そして。アイシールドを赤羽から受け取っていたが、ってことは今後セナはアイシールドをつけて出場するのかな?ベストメンバーが発表された訳でそのうち原作に追いついちゃってテニスの王子様みたいにオールスター対全米みたいな番外編をやったりして。

・ブリーチ 第107話
一護vs狩矢。激しい戦闘となっているが隊長格は封印のためにために闘いに行けない。ルキアと夜一さんが動くようだがさてどうなるか。

・出ましたパワパフガールズZ 第25回「イタズラ文房具!」「花・はな・ハナ!」
喧嘩するほど仲がいい。仲が悪くても喧嘩するが、悪すぎると互いに干渉しなくなって喧嘩すら起こらないということか。

・それゆけ!徹之進 第49話「てつのしん 宇宙で大切な友を失う」
題名であからさまなのだが、リニアのビクトリアに対するセリフ、やりとりであぁリニア・・・逝ったな・・・と思った。イワンの最後はアツイね。前回、今回と最終回に向けてダッシュな展開になっているな。でも次回は若干息抜き?

・おとぎ銃士赤ずきん 第25話「ちいさなお姫さま」
白雪姫は辛い過去の持ち主だったんだねぇ。小さくなってしまったが次回は元にもどるのか?

・ふしぎ星のふたご姫Gyu! 第38話「頑張れノーチェ♪新しいメロディ」

・家庭教師ヒットマンREBORN! 第11話「愛と死の餃子まん!?」

・天保異聞妖奇士 第11話「日光怪道」

・少女チャングムの夢 第25話「料理大会」

・乙女はお姉さまに恋してる 第11話「戸惑いの練習曲」

・少年陰陽師 第11話「誓いの刻印を胸に抱け」

・らぶドル 第11話「歌・おぼえていますか?」
マクロスではない。瑞樹は母親を一日中監視しているような感じだったが、一緒に家から出てきたということは、食事も一緒にしているということだったのだろうか?それとも家の中でもずっと監視?ともかく瑞樹が歌ったことによって笑顔を見せ、瑞樹とも和解(?)した様子。一方の三期メンバーの方も先輩方に手伝ってもらいチケットを売り無事にイベントを開けそうだ。結局先輩を頼らなければいけなかったという状況に納得しているのだろうか。

・バーテンダー 第9話「バーの顔」

・くじびき♥アンバランス 第11話「くらいところでつまずく。0点●」

・Gift ~eternal rainbow~ 第11話「Giftの秘密」
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/15(金)に見たアニメ
2006-12-16-Sat  CATEGORY: アニメ
・学園アリス 第18話「暗闇で☆ふたりきり」
蜜柑のリアクションがおもしろい。流架の求める未来。そこには蜜柑もいるようだったが、幸せそうだった。アリス能力者は将来に自由はあるのか。

・マージナルプリンス~月桂樹の王子達~ 第11話「情熱のトロヴァーレ」
自分がそれについて出来る場合、それを出来ない奴を見て腹が立つ、というとこだろうか?レッドはプロだしねぇ~他の人の演技なんて見ててもどかしく、出来ないことに腹が立つんだろ。私はPCについて若干知っている方だが、すごく質問をしてくる人がいるとなんでそんな基礎中の基礎わかんないの!?と言いたくなる事がある。せめて説明書、Readmeは読みましょう。

・はぴねす! 第11話「式守の秘法」
伊吹に封印した理由を話せば(聞いてくれないか)秘法を取り戻すことを止めてくれるかもしれない(彼女の性格では無理か)。ともかく次回最終回、どういう結末を見せてくれるのか楽しみだ。

・ケロロ軍曹
 第140回「ケロロ小隊 年末調整大作戦 であります」「ケロロ ある男の戦い であります」
年末調整か、確かに工事は増えるな(フィクションです。)。都内じゃ年中どこか工事していると思うが、あれだけ交通量が激しければ道路も痛むだろうし、埋設しているものに影響も出るだろう。でも使い込みは・・・あるよね?きっと。後半はモノを片付ける話。人事じゃないな。私はあまりモノは集めず買うものと言ったら月刊の雑誌とその雑誌に掲載されていないマンガの単行本。それにPC関連のパーツ等なのだが、流石に月刊誌を捨てずに10年近くため続けると置き場所に困ってくる。そういうわけで最近は買ったらとりあえず一通り読んで、データ化し紙の方は捨てることにしているが、時間がもっと欲しい・・・。アニメの時間をなくせば時間はかなりたくさんあるんだけどね・・・アニメ見るは我にありな訳で。とりあえず次に引越すまでに片付けたいものだ。

・きらりんレボリューション
第36話「なー!みゃ~!わにー!No.1ペット決定戦!!」 第37話「かすみ♪春風のシンデレラ♪」
ほんとなーさんは凄過ぎだな。雲井マネージャーはアイドルだった。何気なくそれを匂わせるようなことは結構あった気がするが、今回カムバック!?と思ったら、ステージでいきなり引退表明。うーん・・・話としてはそういう流れでイイと思うが、ライブのために集まったファンは納得するのか?暴動が起きても不思議じゃないような。まぁちゃんとした引退をしたわけで後続の育成に専念できるってことか。

・コードギアス反逆のルルーシュ 第10話「紅蓮 舞う」
カレンは闘うことを選択し、新型に乗るわけだがあの腕は超高熱を生み出す武器か。判官贔屓かどうか分からないが、圧倒的な戦力を有している者たちに数で劣っているのを知力で追い詰め逆転する。こういう状況はイイ。

・銀河鉄道物語~永遠への分岐点~ 第11話「誰がための誇り」
学の父親の死を愚かな事と言い捨てるローレンス。考えず特攻をかけるのは愚かな事かも知れないが、そういう言い方はないんじゃ?と思っていたが、ローレンスはあの現場にいなかったのか。自分がいれば死なずに済んだ、その思いが今の厳しいローレンスを形成しているのかな。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/14(木)に見たアニメ
2006-12-15-Fri  CATEGORY: アニメ
・ちょこッとsister 第23話「願い」
大抵は完全に忘れているという展開が多いのだが、みんなが微妙にちょこという存在を忘れているところが新しかった。はるまがちょこという存在に気付き探し回り、再び願ったことでちょこが存在するものとなった。意外と早く帰ってきたという印象があった。だが、ちょこのおかえりなさい、という何気ない一言で涙が出てしまった。私はこういうのにとことん弱い。

・銀魂 
 第34話「恋にマニュアルなんていらない(延長戦)」 第35話「外見だけで人を判断しちゃダメ」
延長戦。暴走している神楽が相変わらずイイ。後半の松平の娘のデートを邪魔するところでみんな「○○13だ」と名乗っていたのが面白かった。

・働きマン 第10話「働かないマン」
働かないマンか・・・そういうポジションに行きたいものだ。会社から切り離されてはどうしようもないが。

・009-1 第11話「脱出 Exodus」
ミレーヌがイーストのスパイのロキと子供達を逃がすために奮闘していた。これは裏切り行為でミレーヌは組織から追われることになるのかな?

・あさっての方向。 第11話「ここにある現在」
ついに網野にむかって自分がからだだと告白。からだしか分かりえない事実を口にしていても彼にはそれを認めることはできないようだ。次回最終回で全員揃い、どう話に決着がつくのか?

・すもももももも 第11話「天誅戦士ウマ仮面、参上」
恥ずかしければ恥ずかしいほど強くなるのかあの服は。堂々とあの服装をされるのではなく、すごく恥ずかしがっているというところがイイ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/13(水)に見たアニメ
2006-12-14-Thu  CATEGORY: アニメ
・DEATH NOTE 第11話「突入」
もう一冊のデスノートの持ち主登場。リュークって2冊落としたらしいが、海砂には別の死神がついていたということでまだどこかに一冊落ちている?話としては、親父が強行突破、ライトの捜査本部協力など今回も飽きさせない展開だ。

・ゴーストハント 第10話「FILE4 公園の怪談!?」
ちょっと息抜きギャグ風味。憑依された真砂子の壊れっぷりがとても楽しかった。しかし、水をドバッとかける霊ということで、ある意味これまでで一番すごい事が起きていたんじゃないだろうか?

・ブラックラグーン 第23話「Snow White's Payback」
ロックが地下でバラライカに意見するところなど息が詰まるようなやり取りだった、そしてロックは完全に故郷と決別したようだ。銀行強盗して生き生きしている雪緒がイイ。これが効果的な反撃となるのか、それとも・・・。ということで、どうバラライカが落ち着くのか、それとも最悪の結果に終わってしまうのか次回最終回、刮目して待て!

・ネギま!?
 第11話「へー、男爵ってバラの種類だったんだ。おイモかと思ってたよ」byハルナ
あああああヤバいヤバいよ。夕映がネギを魔法使いと知ったまま契約もせずに逃げちゃったよ。顔がまっかっかなとこがイイね。さてどうしたもんか?

・武装錬金 第11話「死が二人を別つまで」
題名からしててっきり・・・。ともかく二人とも助かりめでたしめでたし?裏切り者ということで追っ手が来そうなもんだが。

・スーパーロボット大戦OG~ディバイン・ウォーズ~ 第11話「マサキの選択」
次回予告でクスハが差し出しているのは殺人的な味の栄養ドリンクだったのか。無理して飲んだイングラムがフラフラして医務室だけはダメだと言っていた辺りが面白かった。

・蒼天の拳 第11話「龍に問え」
藩光琳救出。少々画質のヘボさを感じるが、悪役のセリフや行動が面白くてイイ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/12(火)に見たアニメ
2006-12-14-Thu  CATEGORY: アニメ
・ディー・グレイマン 第10話「ミランダ・ロットーの思い」
時間を戻して傷を回復。使いこなせればかなり役に立つ能力だな。

・砂沙美魔法少女クラブ 第10話「魔法少女大会・きらきら編」
優勝は逃したものの絆は深まったようだ。地上波版は放映の順番が違うらしいが、全部放映するのか?

・ヤマトナデシコ♥七変化 第10話「ただいまテスト勉強チュー」
都合の悪いことを全部忘れてたのか。いつも思うが冒頭のヒロシ、いい味出してると思う。流石に本編には出てこないか。

・RED GARDEN 第11話「それぞれの想い」
ポーラがケイトをグレースに引きとめようとするのか、ただの好意?だが、周りの反感を買ってもう威厳が無くなって失脚しそうだ。あとケイトの姉が呪われた一族?の彼と食事していたが、こういう展開だと獣化してケイトが涙を流しながら倒す流れになりそうだ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/11(月)に見たアニメ
2006-12-13-Wed  CATEGORY: アニメ
・妖逆門 第37話「華麗なるミック、その愛」
やっとこさミックがいなくなった。

・銀色のオリンシス 第10話「鉛色の軌道」
おいおい顔が同じだけでなびいちゃってる?一応自分が必要とされているということで一時的にコウイチの元に行ったということか。

・BLACK BLOOD BROTHERS 第11話「海」
ジローは転化して吸血鬼になったのか・・・今更ながら驚いた。てっきり真祖だと思っていた。もしかして見逃してただけ?

・N・H・Kにようこそ! 第23話「岬にようこそ!」
色々な有名人の死ぬ間際の言葉か・・・私は「ブルータス、お前もか!?」位しか知らない・・・。ともかく佐藤は無事引きこもりから脱出したようだ。しかし、なんか委員長の兄と同じような状況だな。たしかに最低限の生活=食事ができなくなるというキッカケで動こうとするのは自然だと思うが、同じ作品の中で同じ状況を2度もやるということはコレが製作者側が伝えたかった事か。さて、次回岬と佐藤はどうなるか気になるな。

・ときめきメモリアルOnly Love 第11話「ときめきの記憶」
水奈と青葉のすれ違いな話。しかしまぁ、青葉が椅子にああいう風に縛られてて自分の都合でサボってたと思うもんかね?どう考えても自分でどうにかできる格好じゃないのに。

・パンプキン・シザーズ 第11話「静かなる胎動」
イメージして下さい。新聞記者の前でのアリスのセリフは熱く、いい言葉だと思ったが、自分が災害にあってるときに平和な明日をイメージしてと言われても今日の食事も満足にできない状況下では貴族の戯言ととか思えないか。謎の組織(旧軍部?)も証拠隠滅の為に動いたりと目の離せない展開だ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
GeForceGo7400
2006-12-12-Tue  CATEGORY: 日記
ノートPCを買う時に
「グラボ積んでて3Dゲームもテキトーにできちゃう奴ならもっといいんじゃ?」
とかなんとか言っていたが実際の性能はどうなのか?
そもそもGeForceGoってどうよ?7000シリーズだから6000シリーズのよりイケてるのか?
など様々な疑問のあった

まぁこの手のベンチマーク結果などは検索すればたくさん見つかると思うが
やはり自分の使っているものの性能くらい自分で確かめようと言うことで

とりあえずもはや定番?国産3Dゲームのベンチマークソフト
[FINAL FANTASY XI for Windows - Official Benchmark Ver.3]

CPUの性能に左右されず純粋にビデオカードの性能を測ることができるという
[ゆめりあベンチマーク Version 1.2]

ものすごく簡単にだがこの二つで性能を見てみた。
私の現在使用しているデスクトップPCは比較参考用。

           Athlon64 X2 3800+      Core2DuoT5500
            GeForce6600GT        GeForceGo7400
FF Bench3
Low             7190              6940
High            5154              4248

ゆめりあベンチ
XGA 最高画質     12888              5913

FFの方ではCPUなど総合な結果なので17%ほどの差なのだが、ゆめりあベンチの方では倍以上の差が付いている。ゆめりあベンチがビデオカードの性能を純粋に現しているとしたら6600GTの半分の性能か・・・ちょっと寂しくなってきた。CPUの周波数が17%ほど違っていることを考えるとCore2Duoってホント強いCPUなんだなと改めて思った。

試したところイースⅥの場合で高品質、最高解像度でフルシーンアンチエリアスをかけると海での波紋、橋付近での海の揺らぎ等のシーンでカクつく。それ以外の場合は大抵フルフレームで動作していた。

ともかく、フルシーンアンチエリアスをオフにしても十分綺麗だと思うので私としては今のところ3Dゲームにおいて不満のない性能かな。

ベンチマークをやっておいてなんだが、自分の使う範囲内で満足いく性能であれば数字なんて関係ないと思う(当たり前か?)。以前VIAのEPIA-M10000で小型PCを作ったときはベンチ性能などCeleron700より悪く、Superπでの演算では9分以上と倍近くの差があった。それでもCeleron700の方で重かった2DゲームがEPIAでは普通に動いたことがあった。まぁベンチマークの結果は買うときの参考程度ってことですね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/10(日)に見たアニメ
2006-12-11-Mon  CATEGORY: アニメ
・砂沙美魔法少女クラブ 第10話「魔法少女大会・ざわざわ編」
思い切って魔法少女だということを告白か・・・実際目の前に魔法使いがいたらどう思うんだろうか、やはり好奇の目で見て、自分とは違うものに対する恐れを抱くのだろうか。

・ちょこッとsister 第22話「はじめての御主人様」
毎回毎回ちょこに癒されている。ほほえましいというか、彼女の行動でにやけている自分がいる・・・絶対に他人には見せられない姿だ。今回はメイド喫茶に管理人さんや真琴さんまでかりだされていたが、いい味を出していた。最後にはるまの一言でちょこが服だけ残して消えてしまう・・・冒頭の回想はこのためのフリだったのか。一人暮らしに戻るはるまは何を思うか、ちょこはどう戻ってくるか?戻らないのか?気になる。

・009-1 第10話「逆爆発 Reverse-explosion」
ええと・・・時代が分からなくなった。東西冷戦時代を舞台に展開していると思っていたが、月に都市があったりコロニー(?)があったりと、近未来のお話だったのね?009は一応現代だったがそれより後の話かな。今回はあのミュータント施設での話だが、子供たちを守るためにミレーヌはどう動くか、初?次回に続く。

・あさっての方向。 第10話「本当の名前」
自分はここにいると言えないもどかしさ。サブタイトル的にはもうからだは名乗りでちゃうのかなぁと思ったがそうではなかった。最後には今のままでからだと気が付いて欲しい。

・史上最強の弟子 ケンイチ 第10話「走れケンイチ!ボクサーの弱点」
別に親友でもないが知人を守るために救出に向かうケンイチ。アツイ。なんだかんだ言って条件反射で投げの名手を倒してしまう・・・アツイ!アツイぜケンイチ!!やはりこの手の展開は好きだね。ボクサーの弱点はローキックか、事実かもしれないが、どっか他でも見たような気が・・・どこだったか?

・ハピ☆ラキ!ビックリマン 第9話「エリマッキーの嵐!仲良しシロロで大ゲンカ!?」
エリ☆マキ!ビックリマン!しかしまぁ、なにもやらずにやられた悪魔だったな。もともと悪魔にする要素もこれまでと違いしっかりとなかったし、完全に脇役だな。どうでもいいがウーパールーパーか・・・懐かしい、時代を感じるね。

・牙 第37話「首都陥落」
危機にさらされた為の覚醒!?あれほど苦戦していたスピリットを圧倒。ヒューはその隙をついて本格的に動き出す。それにしてもハイラムは滅びるのか?それともヒューが全てを握るのか?まて次回。

・おねがいマイメロディくるくるシャッフル 第37話「ダーリンって呼ばれたらイイナ!」
潤の奮闘。駆リードされまくりだよ、なんか妙に落ち着いているが策でもあるのか?それともこの展開のままラストまで行ってしまうのか?

・メルヘブン 第88話「ファントムの夢」
ゾンビタトゥに支配されてしまったのか。今回はスノウに怪しいとこが見られなかった。

・金色のコルダ 第11話「白と黒のアダージョ」
うざいんだよお前。やっと本性現したな柚木先輩。かなり前から微妙な表情をしていたが、本当に気に食わないって表情だったんだな。普段から明るく前向き、自分の気持ちを素直に表現する香穂子に対して、自分は気持ちを押し殺しているということから感情を爆発させてしまったのか?ともかく誰かが助けに来てくれないとヤバイ展開だ。

・夜明け前より瑠璃色な 第10話「片翼だけのお姫様」
今の月の王様の背中を押したのは達哉の父親かな。ともかく、二人であいに行けば王様の気も変わる・・・か?最後はやはり剣での決闘になるのかねぇ~

・ギャラクシーエンジェる~ん 第11話「的中!名探偵の推理ファイる~ん」
火曜サスペンス。各種ネタを振りまきながら、みんなで疑いあい。更にテレビ欄を持ち出すという大技に出る。トリビアの泉によるとそれも31%の確立らしい。最後のスズキ1062号が気になる~

・半分の月がのぼる空
第1話「亜希子さんと少女と芥川龍之介」、第2話「多田コレクションの相続」
第3話「戎崎コレクションの終焉~そして」、第4話「一日だけのスクールライフ」
第5話「とめられた一分」、最終話「僕たちの両手は」
切ない・・・。病院で薄幸の美少女との心触れ合う物語。夏目が最初妙に辛くあたるのも自分と同じ目に合わせまいとする優しさだったんだと気が付くが、それにしてもやりすぎな感もした。毎回目の話せない展開で最後まで一気に見てしまった。途中まではEDの最後にあるような幸せな時は製作者側のせめてもの救いか?とも思っていたが、この終わり方ならまだ希望は持てそうだ。私は「一流の悲劇」より「一流ではないがハッピーエンド」がどちらかというと好きだ。もちろん「一流のハッピーエンド」も好きである。悲劇を見終わった後の心に穴が開いてしまったような喪失感も嫌いではないが、見終わった後に心がホッと温まる、その余韻を楽しむ話がやはり気持ちがいい。6話という構成でこの私の好きなホッと温まる気持ちを味わうことができて満足だ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/9(土)に見たアニメ
2006-12-10-Sun  CATEGORY: アニメ
・マージナルプリンス~月桂樹の王子達~ 第10話「孤高のトリスティティア」
ずっと幻影だと思っていたが実在したんだ、しかも寮の名前までしっかりと分かっている・・・見逃したか?

・はぴねす! 第10話「過去」
子を思う親の行動により生み出された悲劇が全ての始まり。雄真はものすごい魔法使いだったんだねぇ~自分の力で周りに迷惑をかけてしまったが故の魔法に対する厳しさか。すももがヤヴァいがどうなる次回!?

・ケロロ軍曹 第139回「556 奥東京市は男の戦場 であります」
今回は556が主役。もっと「ドォゥッ!!」って叫んで暑苦しい症状がよかったな。

・出ましたパワパフガールズZ 第24回「ケンの友達探し!その1、その2」
ケンは博士号までもっている天才児でまともに学校に行った事が無いというが、凡人の自分には想像もできない世界なんだろう。よくそういう天才児の設定があるが実際世界にどの程度そういう人種がいるのだろうか?

・それゆけ!徹之進 第48話「てつのしん 永遠の愛に泣く」
ヤバい・・・普通に泣いてしまった。徹之進が普通に大活躍、技も冴えるし強い。結構ネオの魔法を食らっていたのにしまいにはピンピンしてたな。ショコラの食らった一撃は倍加された空間での一撃だったから致命傷になったのか。

・おとぎ銃士赤ずきん 第24話「草太のおかあさん」
いきなり登場おかあさん。気配が無いって事でその場で正体は判明しなかったが、ナイトメアリアンはみんなこんなのだったら危険だ。

・ふしぎ星のふたご姫Gyu! 第37話「どうするビビン!?☆ふたごのお茶会」
ビビンも結局さびしいんだね。ただ試験だからしょうがないのか?そういう環境にいなかったためその気持ちが分からないのか。今回は目と顔の輪郭のバランスがこれまでで一番崩れていた気がした。

・家庭教師ヒットマンREBORN! 第10話「ガハハ!爆発する弁当箱!」
ニトログリセリン。イーピンも一々面倒な設定を持っているな。

・天保異聞妖奇士 第10話「弥生花匂女神楽(やよいはなにおうむすめのかぐら)」
宰蔵の名前は罪を現すものでないことが分かり、事件も無事解決?相変わらず「漢神をどこから取り出すか」の定義が・・・毎回普通に自分から取り出せばいいのでは?

・乙女はお姉さまに恋してる 第10話「二人のジュリエット」
まりあの心情は微妙ですなぁ~一人の男として瑞穂を見ていたということで。個人的には貴子とラブラブな展開を見たいのだが。

・少年陰陽師 第10話「淡き願いに応えの声を」
彰子の手の傷が内側から結界を破るためのものだったのか。そろそろ決戦は近い?

・らぶドル 第10話「届きますか?」
おかあさんに会うことが復讐?まぁともかく瑞樹は戦線を離脱。イベントのチケットの売込みによるメンバーの団結力が強まるなど、こういう展開は好きだ。さて、どうラストに持って行きますのやら。レモンエンジェルプロジェクトのようになるのか?

・バーテンダー 第8話「カウンターの嘘」
全ての客に幸せの時を過ごしてもらうための優しい嘘か。今回の話の様にできるはずの無いと思われていることをさらりとやってのけ、驚かすというシチュエーションがかなり好き。

・くじびき♥アンバランス 第10話「さがしても、そこにはない。3点」
オーキス装備でミサイル乱射。大丈夫か!?今回はどうしようもない怒りを生徒会に向ける小雪の兄の話だったかな?千尋がカッコよかった。

・Gift ~eternal rainbow~ 第10話「奪われた過去」
霧乃が怖い。今回のコレはGiftなのか?設定じゃ生涯一度しか使えない能力(?)だったはずだから、莉子はもう使えないとして霧乃は過去をもらえるのか?・・・霧乃がこれからを莉子に贈ってその代償?に過去をもらった・・・?うーん・・・わからん。

・幕末機関説いろはにほへと
 第7話「蒼鉄動く」 第8話「仇討本懐なる」 第9話「黒猫哭く」 第10話「上野陥つ」
蒼鉄が壷作ってクビを奪取したり、沖田総司との絡みがあったりと見所たくさん。労咳末期の沖田総司と架空の人物が一対一で闘っているのを見ると修羅の刻を思い出すな。また読みたくなってきた・・・。一応史実にそって物語が展開しているようだが、もっと日本史しっかりやっとけばよかったなぁ~と思う。蒼鉄は見方なんだよね?なんだか微妙に感じる。クビのために一座を利用しただけのように。
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
12/8(金)に見たアニメ
2006-12-09-Sat  CATEGORY: アニメ
・ネギま!? 第10話「私に隠れてネギ先生と?そんな事絶対に認めませんわ!byあやか」
てっきりまたパートナーが増えると思って期待したがそこまでは行かなかった。明日菜たちの誤魔化し方がおもしろかった。次回予告の後の寸劇を結構楽しみにしているのだがバカレンジャーは最終回!?

・アイシールド21 第86話「光と影のタイムアップ」
やはり後半の最後とあって時間との勝負。残り時間がどんどん減っていく中の焦り、そして全てをかけた一発逆転。アツイね。やはりこのハラハラ感がたまらない。

・ブリーチ 第106話
石田大活躍。強いねぇ~イイ感じだ。あと一歩というところまで追い詰めても、仲間(?)を守るために止めを刺さず、大ピンチ→主人公颯爽と登場。王道でイイ。

・蒼天の拳 第10話「北斗同士の闘い」
霊王との闘う前にボーイを誘惑?するところなど面白い。原作もこんなんだったか?忘れてるようだ。そのうち読み直そう。

・すもももももも 第10話「早苗の許婚現る」
嫌がってる早苗がカワイイ。あとヒカルをみんなの後ろで排除してる様も面白かった。

・コードギアス反逆のルルーシュ 第9話「リ フ レ イ ン」
過去を懐かしむ薬リフレイン。確かに誰でもあの頃はよかったなぁ~と思うこともあるはずで、この考え自体日本人的なのか?過去があるから今の自分もあるわけでカレンは今後どう動くか?

・銀河鉄道物語~永遠への分岐点~ 第10話「葬られた未来」
重い話だ。幸せの絶頂から落ちてしまった運命。いたたまれない。一部を犠牲にすることで全体を助ける。現実的なこととは言え、犠牲を目の当たりにしてしまっては割り切れないものだと思う。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/7(木)に見たアニメ
2006-12-08-Fri  CATEGORY: アニメ
・はぴねす! 第9話「学園祭」
なんか魔法事故?な感じ。伊吹が完全に敵のようになってしまった。残念だ。

・ケロロ軍曹 第138回「ケロロ ケロロショー であります。」「冬樹&散世 KGS再び であります」
なんかカツとレツ見たいなのが観客にいた。山浦に至ってはアカハナ?今回の夏美はヴァイパー、ヴァイパー自体サイコガンで有名なコブラなんだが・・・あぁコブラか、あの渋くてセリフがいちいちカッコよくてクールなコブラをまた読みたくなった。

・きらりんレボリューション 第35話「ファイヤー!きらり署長VS怪盗X!!」
人に迷惑をかけるようなことをして素直に謝って許されているが、実際は前科が長すぎてわだかまりが取れるのには相当時間がかかりそうだ。

・Gift ~eternal rainbow~ 第9話「つながる心、途切れた想い」
二人の間には約束があったんですねぇ~恋愛同盟みたいなものか。ともかく、まだまだ波乱は続きそうだ。

・ディー・グレイマン 第9話「不幸な女のイノセンス」
ホント不幸が重なる人だ。適合者ってことはエクソシストになるってことか。

・銀魂 第34話「恋にマニュアルなんていらない」
殴られなきゃいけないのは僕の方だなどエヴァ、電車男ネタなどネタを振りまきながら吹っ飛んでていい感じ。来週後編。放送の限界に挑戦するのか!?

・学園アリス 第17話「蛍のひみつ☆」
蛍に兄がいたのか、確かにすごい秘密なのだが、個人的にはまだ棗の奴隷のはずなのに蛍と会ってから棗の出番が少なくなってきて、最後にはいなくなっていた・・・もうちょっと蜜柑と棗のからみを見たいものだ。

・働きマン 第9話「一人前の働きマン」
風邪でも休めないときってキツイ以外のなんでもない。銀魂のサブタイトルにもあったが、イヤなことは重なるものだ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/6(水)に見たアニメ
2006-12-07-Thu  CATEGORY: アニメ
・マージナルプリンス~月桂樹の王子達~ 第9話「風のエトランゼ」
エトランゼと聞くとエリア88を思い出してしまう・・・まぁそんなことはどうでもよく、嵐の日の幽霊の話。ドアを互いに押し合ってうまいこと開かなくなったり、その辺りのやりとりが面白かった。

・メルヘブン 第87話「城塞都市パルトガイン」
ガインとつくとマイトガインを思い・・・しつこいか。ゴーストチェスの本拠地へと潜り込む話。ナナシの潜入方法・・・あのタコはアームなのか?スノウがなんか怪しい。操られているのかも。

・DEATH NOTE 第10話「疑惑」
探りあい。テニスをしながらお互いの胸の内でさも会話しているように展開していく。会話のシーンでも探り合うその過程が面白く、ホント目が話せない。次回はTVの特番で何かが起こるらしい。気になる。

・NANA 第34話
巧のセリフはやはり冷たいな。たしかに言っている事も一理ある気がするが。おそろいのグラスが割れる、そのあとナナが無意識にもうひとつのグラスを割るなど、二人の今そして今後の状態を表しているようで印象的なシーンだった。この状況ではどうやっても幸せなラストに行けない気がする・・・奈々、ナナ、レイラとどこの状態もヤバそう。

・武装錬金 第10話「君と俺は相性がいい」
SWORD SAMURAI Xか・・・SAMURAI Xってるろうに剣心の海外名だったような・・・。今回はホムンクルスの信望者である人間との闘い。先輩は人間だったんだねぇ。カズキの最後の逆胴を武装を解除して受け止めるところがアツイ。

・スーパーロボット大戦OG~ディバイン・ウォーズ~ 第10話「風の魔装機神」
サイフラッシュ!やってくれましたよ敵味方識別のマップ兵器。しかし敵とそうでない物をどうやって区別しているか分からなかった。マサキの気分しだい?最後まで登場しないなんてマサキらしい。リュウセイなど先行した3機は結局役目を果たしてないような気が・・・まぁ基地を無事奪還。テンザンまたも生き延びるし、イヤなやつってのはしぶといねぇ~。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/5(火)に見たアニメ
2006-12-06-Wed  CATEGORY: アニメ
・砂沙美魔法少女クラブ 第9話「みんな一緒」
魔法少女大会。一人だけ張り切りすぎて、ほかのメンバーが白けちゃうというような展開。最後にみんなそれとなく照れながら集まって、力を合わせるって展開がスキだ。まぁともかく仲直りできてよかった。魔法使いがメジャーな世の中になってしまったようだが、大丈夫かねぇ?

・妖逆門 第36話「対撃!三志郎VS清」
いつの間にか終わっていた。結局清が三志郎に突っかかっていったのはどんな理由だったか分からん。見直すのも面倒だしこのまま次のなすび顔がやられる様をテキトーに見るとしよう。

・結界師 第9話「危険な高校教師」
良守のライバル出現?百合奈の一挙手一投足がカワイイが、やはり声はまだ微妙に感じる。

・ゴーストハント 第9話「FILE3 放課後の呪者 #4」
放課後の呪者完結編。先生が犯人だったわけだが、淡々と優しく、笑いながらナルの受け答えする姿が妙に怖かった。マスコミは真実を伝えるものじゃなくて、話題性を追うもの。最近は特にそう感じることが多い。先生もマスコミの踊らされた被害者ということか。だが最後まで呪おうとするのはねぇ?もう歯止めが効かないとこまで来ているのか。ナルのスプーン曲げはトリックってことでファイナルアンサー?妙に激しく止められてたのは信用を失うかもしれないって恐れから?

・ヤマトナデシコ♥七変化 第9話「温泉は湯けむり血しぶき恋しぐれ(後編)」
スナコ全開。ビデオ片手に生現場で生なモノを探しまくるわけだが、ずかずかと行くスナコがイイ。やはりシリアススナコはカッコイイと思うわけで、もっと活躍してほしい。あと、冒頭の寸劇のヒロシ。いつもいい味を出しているが、原作でもこうなのか?

・ブラックラグーン 第22話「The Dark Tower」
雪緒がロックに投げつける言葉が重く痛い。自分が立っているところが自分のいる場所。自分の場所を自分で選んでない。なかなか考えさせられるセリフだ。ボーリング場でイキナリ躊躇なく殺戮が始まるが、彼らの頭には動けなくするだけって選択肢は無いようだ。あと命乞いでギブギブ言っているやつがいたが確かにそれじゃ伝わらないよな。くれくれ言ってるんだし。チャカがようやく逝ってくれたが、刀vs銃・・・アツイぜ。

・RED GARDEN 第10話「戸惑い」
あの獣みたいな人間にも獣化するまえには普通の家庭があって普通に生活している。という現実を見せるルーラ。そしてすぐその獣化した人間と闘うことになり戸惑うクレア。これまでははじめから獣化しているわけでそれならと割り切れたようだが、流石にこれはそう簡単にいかないな。だが、ルーラがあの獣化した奴らと闘わず特殊な体の少女達に闘わせるのか?やはり呪いのせいなのか?
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/4(月)に見たアニメ
2006-12-05-Tue  CATEGORY: アニメ
・銀色のオリンシス 第9話「哀色の墓標」
セレナはオリンシス現象でこの時代に来たようだ、ということは100年後も地球は変わっていないということか?テアも記憶を取り戻して、真実を口にしアーティの意味も判明する。つまりセレナもそうなんだな。第1話からヤバイクオリティと感じたが終盤に向けてがんばって欲しい。

・BLACK BLOOD BROTHERS 第10話「オーダー・コフィン・カンパニー」
カーサだった。まぁ当たり前か。ミミコも負けずに言うことは言うし、カーサも気に入ったようだ。もしかしたらいいコンビ?ゼルマンとコタロウはとりあえず離れる。だが特区じゅうクーロンチャイルドがあふれるし、そのうち合流しそうだ。

・N・H・Kにようこそ! 第22話「神様にようこそ!」
先輩と不倫!?というか佐藤の妄想爆発、大暴走。結局何にもなく先輩との話が終わったわけだが、岬には目撃されるし大変だ。山崎も地元でなんとか元気なようで、もう戻ってこないようだ。

・ときめきメモリアルOnly Love 第10話「ときめきの夕暮れ」
いつも青葉は大変な目に合ってるな。それに結局青葉一人になったらバイトする意味もないし、したとしても給料を奪われそうだ。ペットを捨てる日本人が多いようだが、自分で最期まで面倒を見れないようなら飼うべきではない。生きているんだから。

・パンプキン・シザーズ 第10話「カボチャとハサミ」
3課の現在のメンバーの集まるまでの話。なぁるほど・・・そういう意味でカボチャとハサミなんだねぇ。納得。アリスは最後に来たのか、そりゃ貴族の道楽とか言われるよな。だが3課にどういう経緯で来たのかも描いて欲しいなぁと思ったり。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/3(日)に見たアニメ
2006-12-04-Mon  CATEGORY: アニメ
・ちょこッとsister 第21話「Let's 遊園地!」
なんか不思議な話。ちょこと真琴が遊園地ではしゃいでる訳だが、途中で登場する迷子の少女、その時間と連動して墓参りのシーンが。ただ重ねているだけかとも思ったが最後にふっと消えたとき、ちょっとくるものがあった。

・史上最強の弟子 ケンイチ 第9話「アパパパ~!アパチャイの修行」
アパチャイの過去、手加減をする努力をする話。地蔵を相手に手加減の練習をして残った一体はクビが取れてるなど、飛ばしてて相変わらず面白い。

・ハピ☆ラキ!ビックリマン 第8話「引きこもった若神子!アリババ、ガガ~ンと大妄想!!」
今回はとりあえずゴーストアリババではなくて安心したが、シルエットで出す演出にニヤリとさせられた。あんな疑心暗鬼で妄想大爆発キャラだったか?ともかくそれぞれバラバラに旅は続く。

・牙 第36話「よみがえる翼」
赤い!夜だし見間違いだと思ったらそうではなかった。離れ離れになった兄妹の再会も一番悲しい結果に終わってしまうし、あのタスクの戦士、目の前で死ぬところを見せまいとするあの気遣い・・・アツイね。エクスマキーナなって強力なスピリットが出てきたが、3人の共闘でなんとかなるのか。

・おねがいマイメロディくるくるシャッフル 第36話「家族になれたらイイナ!」
潤が部屋を強制清掃させられて家出。頭にダーツ刺さりまくってるよ潤。しかしまぁアレだね、迷惑をかけてる方はソレが他人にとって迷惑なものだと自覚してないことが多い。大音響で音楽をかける奴もタバコを吸う奴も回りが嫌な思いをしているなんて気付かない。このくらいならイイだろう・・・みたいに抑えてやっている気でいるようだが、迷惑に変わりない。そう、私も誰かに迷惑をかけているかもしれないということだ。願わくばそんな人間にはなりたくない物だ。

・金色のコルダ 第10話「孤高のヴィルトゥオーソ」
土浦初演奏。香穂子の演奏もうまく言ったようだし、めでたしめでたしと思いきや、月森が同級生の妬みから演奏できなくなる羽目に。日ごろの言動が原因だと自分でも認識しているようなところはエライな。ともかく間に合わなかったわけだが、すごく憤りを感じた。私がギリギリで間に合うってのが熱い展開だと思っているためか。

・夜明け前より瑠璃色な 第9話「お姫様に迫る影」
国家反逆罪か、敵も本格的に動いたな。前途多難でこれをどうやってひっくり返すが見ものだ。それとも所詮かなわぬ恋なのか。それ以上に今回はものすごいクオリティーだ。というかフィーナの横顔がヤバすぎ。ありゃ別物だろ。全体的にヤバヤバ。そろそろ最終話に向けてのクオリティアップに期待している。

・ギャラクシーエンジェる~ん 第10話「強襲!戦場のプロフェッショナる~ん」
サイボーグじゃないよね?人間を明らかに超越しているなサカエ教官。最後のあの祭りはどこかの祭りか知らないが、御神木がデジコとは・・・フンドシ一丁な男に囲まれるデジコ。絵的にすごいな。そういえば年末に大人なデジキャラットのアニメがやるみたいだ、要チェック。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2006/12 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 アニメ見るは我にあり. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。